令和2年チベット・日本仏画展 馬場﨑研二 佐世保

※大変残念ながら新型コロナウイルスの影響で中止となりました。

佐世保にチベット仏教の正統仏画を継承するすごい方がいらっしゃるのをご存知でしょうか。
 
佐世保生れの馬場﨑研二氏はダライ・ラマ法王のお膝元インドのダラムサラにて、1978年より宮廷絵師チャンパ・ツェテン氏に師事。師の逝去までの11年間とその後合わせて30数年絵師として修行生活をインドでおくられ、後進の指導にもあたってこられました。
 
現在は帰郷され、佐世保にて制作活動をなされておられます。
 
日本国内ではこれまで由緒ある美術館やギャラリーにて個展を開催されておりますが、このたび地元佐世保では初の個展が開催されます。

ぜひともこの機会に現代の正統仏画の本物をご覧ください。

日時:2020年3月14日(土)~3月22日(日)
場所:東本願寺佐世保別院 同朋会館3階大ホール
   〒857-0806 長崎県佐世保市島瀬町4-18
   TEL:0956-22-8701
入場:無料
※3/14 14時より奉納演奏があります(長野県在住 インド古典楽器奏者 チャーリー宮本氏)

馬場﨑研二氏ホームページ
https://kenjibabasaki.ninja-x.jp/

(Visited 50 times, 1 visits today)