馬場﨑研二の世界展Ⅳ チベット・タンカと日本画 ~その融和を求めて~

チベット・タンカとはチベットの仏画です。馬場﨑研二様は佐世保市のお生まれで、佐世保北高・慶応義塾大学を卒業後インドにて生涯の師であるチャンパ・ツェテン氏に師事され、師亡き後チベット人絵師の指導にあたられた絵師です。現在佐世保ご在住でタンカを制作されてます。
2017年3月11日~26日、高知市の星ヶ岡アートヴィレッヂにて、「馬場﨑研二の世界展Ⅳ チベット・タンカと日本画 ~その融和を求めて~」が開催されます。
当店でもいくつかの作品を表装させて頂きました。
佐世保からは少し遠いですが、お近くの方、行ける方はぜひご高覧下さい。

馬場﨑研二様サイトはこちら

(Visited 124 times, 1 visits today)